鏡を見る時間が長い人の心理


今回の公式LINE用のテーマ
鏡を見る時間の長い人の心理です。

自分の身だしなみを整えるときに
自分を鏡で見る時間は長い方ですか?

鏡で自分の姿を見るときの行動には
2つのタイプがあるとのことです。

さまざまな表情や角度で自分を見るタイプの人
自分の姿に強い関心をもっている人であり
自分の魅力は何なのか?自分の欠点が何なのか?
自分を深く観察して自分を知るタイプの人であります。

ちらっと自分を見るタイプの人
自分の本当の姿を知ることに抵抗があり
自分の魅力や欠点を知りたいけれども・・・
知ることも嫌だ・・・と両方の感情があり
感情に左右されやすいタイプの人であります。

アメリカの大学の検証結果では?
大きな鏡のある廊下で通る学生を対象に検証
どれくらいの時間をかけて自分の姿を見るのか?

その結果
男性も女性も魅力的な人ほど
鏡に映った自分を見ている時間が長い!
そのような検証結果がでたとのことです。

自分の姿に見とれてしまう・・・
ナルシズムと言われそうですが・・・

自分は人より魅力的だと思っている人は?
自分は魅力的な人ではない・・・
そう思っている人より集団生活に
適応しにくいともいわれています。

周囲に比較対象となる人がいない・・・
そのために自分の魅力の評価が定まらず
いつも不安定な心理状態だからだそうです。

ですから鏡を見ることに時間の長い人は
案外孤独な思いをしているかもしれませんね!

私は試着室では鏡を長く見る方ですが
家での鏡は長い時間見ていないかも?
家ではボーとしている方ですから(笑)

今回は鏡を見る時間による心理
それについてお話させていただきました!

最後までお付き合い
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました