ヤマアラシ・ジレンマ!


今回のテーマは「ヤマアラシ・ジレンマ!」

人間関係を構築するとき
争いごとを望むよりも?
平和に穏やかを望んでいますよね?

しかしながら・・・
平和に穏やかを強く望みすぎると
健全なコミュニケーションに必要な衝突
その行動も避けて通るようになるのです。

その結果・・・
自分の感情を抑えることになり
コミュニケーション不全の関係性
それを自ら作り出すことになるのです。

ドイツの哲学者
ショ-ペンハウエルの面白いお話

動物のヤマアラシ2匹が寒い冬に
少しでも暖まろうと体を寄せ合おうと
していたのですが・・・

しかし・・・
あまりにも近いづきすぎると
お互いの体のトゲが相手を傷つけ
離れすぎると?
寒くて寒くてしかたがない状態です。

2匹のヤマアラシは試行錯誤の末
お互いを傷つけずに暖め合う距離を
それを見つけたと言うお話なのです。

これをアメリカの精神分析医ペラックは
ヤマアラシ・ジレンマと名付けました。

現代の多くの人は
コミュニケーションスキルを磨きたい!
周りの人たちと良好な人間観関係を築きたい!

その気持ちの中には相手との距離感や
嫌われたくない、傷つきたくない・・・
などのマイナスな意識も芽生えるのです。

その気持ちが湧くことにより
他人との距離をうまく取れなくなり
フラストレ-ションが溜まっていくのです。

人間関係を構築するには?
自分と波長が合う人を求めます。
しかし全てが自分と波長が合う人
そうそういないかと私は思います。

それぞれの人が生きてきた環境
その人が築いてきた人間関係や
知識や能力も違いがありますよね?

そこで自分が合う人の中でも意思や
意見の違いが生じたときには素直に
自分の意思や意見を伝えることも必要です。

争いを望む・望まないは関係なく
自分という1人の人間の価値観を
相手にも知ってもらう機会となります。

もし・・・
そこでお互いが争うようになるなら
お互いに受容・共感・傾聴の意識がない
一方通行の人間関係なのかもしれません。

良好なコミュニケーションとは?
お互いに傾聴し共感し受容すること
これが大事なことだと私は思います。

耳を傾け相手の話をしっかり聴く
そして共感できることを見つける
最後に心を開いて受け入れてみる!

そのコミュニケーションから
自分の人間関係を選択し自己決定する!
ヤマアラシ・ジレンマです(笑)

最後までお付き合い
ありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました