手の動きから読み取る人の心理


今回は手の動きから読み取る人の心理について
7つの行動パタ-ンを用いてお話します!

前回は人の話に興味がないときに働く心理
それについて7つの行動パタ-ンをお話しました。

今回は手の動きから読み取る心理として
7つの行動パタ-ンの行動心理はこちらです!

①手を隠して話を聞いている姿勢
手を隠す動きは相手との向き合った際に
自分に相手を近づけたくない拒否の心理
自分のパーソナルスペ-スを壊したくない状態

②手を軽く握って聞いている姿勢
手を軽く握っている姿勢があると
相手が自分の話に興味がある心理
脈はあり会話を続けてもOKな状態

③握らずに手を広げている姿勢
テーブルの上に手を広げている姿勢は
相手が受け入れている心理のあらわれで
リラックスして話を聞いている状態

④手を握って拳を固く握っている姿勢
これは相手を受け入れたくない心理
話を聞きたくなく拒否したい状態や
緊張感から早くその場から去りたい状態

⑤手で鼻の下を触る姿勢
相手の話を信用できない心理
話の内容に疑いが生じることで
自然と鼻の下を触ってしまう状態
考えるときに見られる傾向です。

⑥腕組をしながら話を聞く
これは自己防衛の心理と言わていますが
私の経験上では自己防衛以外に話を聞く心理
これがあると実感しております。
腕を組み前かがみになることで相手は話を聞き
しっかり理解しようと心理も働くと思います。

⑦必要以上に手で頬を触る
これは話を早く切り上げたい心理
緊張をほぐすために顏を触ってしまう
頬を触ることで血流を良くすることで
緊張感を和らげたい心理が働く

これ以外にも手で目をかく姿勢は心を読まれたくない
額に手を当てることは冷静になろうとしている心理など
手の動きによる行動心理学の知識を得るのも楽しいです。

行動心理学を学ぶことでコミュニケーションスキル
それに磨きがかかり自分が学んだことが相手の姿勢で
どのような心理が働いているのか?
自分がどんな動きをしているのか?
これは自分自身にとって最高の知識となります。

人とのコミュニケーションが苦手な人は
率先して行動心理学を学ぶことをオススメします!
私と行動心理学のセッションしましょう!

今回も最後までお付き合い
ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました