自分を卑下する人の心理


今回のテーマは
「自分を卑下する人の心理」

自分を卑下する人いませんか?
私は頭が悪いから・・・
私は全然ダメな人です・・・

そのときに働く心理として?

自分がダメだと本気で思っていなく
あえて自分を卑下することで相手を
持ち上げて好意を得ようとするのです。

それは自分を卑下することで
相手から「そんなことないですよ」
その否定してくれる言葉を期待するのです。

あえて自分のダメなところを伝えて
そのダメなところを相手が否定してくれる!
それが自分の自尊心も保てることになるのです。

自尊心が低い人や褒められることが少ない
または他人から自分がどう見られているのか?
そのときに働く心理と言われております。

自尊心が高ければ意識することのない心理です。
自分に自信がある人は自分がどう見られようが
自分を貫く信念がありますから関係ありません。

相手にヨイショする時間があるならば
自分にヨイショしてやる気をアップさせる!
この方が自分にとってプラスではないでしょうか?

相手に求めることよりも自分に求めるべき
相手を意識するのでなく今の自分に意識する。
他人よりも自分にベクトルを向けることです。

自分を卑下して相手からの否定を待つよりも
自分で自分を褒めて肯定する方が毎日できます。
プラスもマイナスなことも個性と認識するのです。
卑下よりも褒めることにフォ-カスしましょう!

最後までお付き合い
ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました