コンプレックス!?


今回のテーマは「コンプレックス!?」
このコンプレックスなのですが・・・
自分にとって嫌な部分ですよね・・・

しかしながらコンプレックスは?
人間のごく普通な感情と言われております。

コンプレックスの意味合いは?
自分が他人より劣っていると思う
劣等感を抱いていることなんですね!

このコンプレックスは自分にとって
嫌で嫌でたまらない感情でありますが
それがあるがゆえに自己成長へ繋がります。

自分に欠点を感じているからこそ
少しでも克服するために努力することで
コンプレックス解消へ向かうこともできます。

また同じコンプレックスを抱えている人
その人たちとの交流をすることで共感を得る
そこから自分だけでない安心感を得ることで
何かしらのコンプレックス解消法を見出す!

しかしながら・・・・
あまりにもコンプレックスが強いことで
心理学で引き下げの心理が働く人もいます。

自分よりも優れている人との交流にて
「この人は羨ましいなぁ・・・」
そのときに感じた劣等感を消すために
相手の価値を引き下げる意識を持つことで
相手と同じ立場に立とうとするのです。

例えば私がそうだったのですが・・・
会議で私のライバルが評価を得ると?
引き下げの心理が働きました。確かにコミュニケーションスキルは
私より優れている!それは認める!
しかし!仕事ではなく上司に媚びを
売ることが上手だから評価を得たんだ!

仕事ならば私の方が優れているから
私が評価されるときこそ真の仕事評価
だから今回がは媚での評価だから関係ない!

相手は自分より優れていない!
今回は相手がラッキ-なだけだった!
だから自分は劣っていないのだ!

ここで相手を批判したのは?
上司と上手く交流できない自分がいて
コミュニケーションスキルが低いことに
コンプレックスを抱いていたんですね!

だからそれを認めたくないから
仕事では自分が勝っていると意識する!
そうすることで相手に負けていないと
自己認識して劣等感を吹き飛ばすのです。

しかし・・・
劣等感を吹き飛ばしても?
その場しのぎとなりますから・・・
コンプレックスを解消するために
自分を成長させなければなりません。

私がコミュニケーションスキルを
磨くために多くの人との交流を得て
コミュニケーションスキルを磨きました。

解決ではなく解消なので
これから苦手と思う人とも
出会うかもしれませんね(笑)

そのときは学びを得て成長
常に学び成長する意識です!
それがチャレンジ精神です!

コンプレックスを抱くことで
学びを重点に置くことができれば!
それが劣等感を感じることもなく
自分に自信をつけることとなります。

今回のお話のポイントは
コンプレックス=劣等感
劣等感を感じたときには?

「ひとつ目」
自分がどうすべきなのか?
自分にプラスになる行動を見つけ
コンプレックスの解消を目指す
それには行動して自信をつける!

「ふたつ目」
同じような境遇の人から話を聞いて
解消法を教えていただくのか???

「みっつ目」
そのままでも大丈夫なのか?
解消よりも今のままでいいのか?

コンプレックスを抱いたとき
自問自答のキッカケ作りができた!
そのように考えてみてくださいね!

最後までお付き合い
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました