なりたい自分になるための心理


今回の公式LINE用のテーマは?
なりたい自分になるための心理

なりたい自分の理想はもっていますか?
こんな自分になりたい!
人には個性があり性格もありますから
前向きで楽観的な人もれば逆の人もいます!
心理学でいう性格には2つの言葉があります。

「キャラクタ-とパーソナリティ」
この2つの言葉をそれぞれ説明すると?

「キャラクタ-」こちらはギリシャ語で
「刻みこまれたもの・彫りつけられたもの」
それぞれの意味をあらわしております。

「パ-ソナリティ」こちらはラテン語で
「仮面」を意味する言葉が語源となり
それが後に役者が劇の中で演じる役を意味し
それが「ある特徴をもった人」という意味
そのように用いられるようになりました。

舞台で別の仮面を付け替えるかのように
そのときの状況に合わせた役割を演じる
そのように捉えることもできるとのことです。

性格を「キャラクタ-」で考えると?
環境的な要因よりも先天的な素質の影響
それが強いと感じることとなります。

性格を「パーソナリティ」で考えると?
社会での役割や環境によって変化する
今までと違った自分を感じることとなります。

演じれば!なりたい自分になれる!
その考えを持ち合わせることが必要なのです。

もしも?
悲観的なタイプの人間で落ち込みやすい人
そのような人は「自分は前向きな性格なんだ!」
そう思い込んで楽観的に自分を演じることで
今までと違った自分を感じてみることでしょう!

ある役割を与えられた人は?
その役を演じ続けているうちに
精神面にも大きな変化があらわれます。

自分が望む性格の人を演じていれば
性格が変化して実際に自分の望む人に
なれるということなのです。

今までとは違う人を演じることは
容易なことではありませんが・・・

自分のなりたいイメ-ジを常にすることで
それに対する行動や振る舞いを実践すると?
なりたい自分に近づいていくことでしょう!

私も常になりたい自分をイメ-ジして
毎日できることは立ち振る舞っています。
理想の自分を手に入れるトレ-ニングです!

今回も最後までお付き合い
ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました