フィ-ドバックの対処法とは?パート4


今回は4つ目のフィ-ドバックの対処法
それについてお話をさせていただきます。

「4つのフィ-ドバック対処法」

「1つ目」
明確な目的と目的達成の先を意識する。
「2つ目」
視野を広げることを意識する。
「3つ目」
人の教えてもらうことを意識する。
「4つ目」
人に教えることを意識する。

4つ目のフィ-ドバックとして
人に教えることを意識する。

前回は人に教えてもらうことを意識する。
今回は人に教えることを意識する。
全く逆のフィ-ドバックとなりますが・・・

どうして?
人に教えることを意識するのか?
人に教えるときに気をつけることは?

人にわかりやすく伝えることです。
自分だけが理解しているのでなく
相手がいかに理解できるのか???

このように?説明した方がいいかな?
それとも?こう説明した方がいいかも?
相手に説明の仕方を意識してみるのです。

それを意識することで奥深く
インプット&アウトプットを
繰り返すことができるのです。

相手がどのような疑問を持つのか?
主観的な疑問と客観的な疑問を考え
それに対しての答えを用意してみる。

このようなフィ-ドバックを試みると
自分目線で説明することが軽減されて
物事の説明の仕方の上達にも繋がります。

今回もインプット&アウトプットの際に
取り組んでいる4つのフィ-ドバックを
お話しましたが参考になればと思います。

全て取り入れるよりも自分でできそうな
フィ-ドバックを取り組んでみてください。
インプット&アウトプット際には忘れずに!

最後までお付き合い
ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました