ギブ&テイク精神!


こんにちは!
今回のテーマ「ギブ&テイクの精神!」

結論的に言えばギブ&テイク精神は
お互いを尊重し人間関係を良好にさせる!

『成功者の言葉の名言』

一方的な人間関係は、本当の人間関係でない。
それはどこにも辿り着くことのできない一方通行の道だ。
T・F・ホッジ(アメリカの作家)

どちらかが一方的に意見を通すのでなく
お互いを尊重して譲り合える関係性が
人間関係を良好にさせることになります。

自分の意見を一方的に押し付ける人は
完璧主義で妥協を許さない人や傲慢で
自分が正しいと頑固者に見受けられます。

それは本人の大きなプライドが
そうさせるのではないでしょうか?
家族・会社・恋人・友人の関係の中で
見受けられる光景でないでしょうか?

過去の私は傲慢で頑固者で
一方的に押し付ける人でした。
自分が正しいとばかり思っていました。

そんな私も人との交流や学びから
ギブ&テイクの精神を培うことで
良好な人間関係を構築しております。

人は承認欲求を抱くものです。
マズロ-の欲求5段階説の中に
(アブラハム・マズロ-アメリカの心理学者)
精神的欲求の「承認欲求」があります。
評価されたい!認められたい!

自分の考えを押し付けたり
相手の考えを受け入れない
このような頑固者ならば・・・

人は離れていくことになり
人間関係は悪化していきます。
信頼関係も崩れていくでしょう!

お互いに尊重する気持ちがあることで
人間関係を良好にさせるだけでなく
ストレスも軽減され共感も生まれます。

それはわかるんだけれども・・・
尊重すべき場面と尊重できない場面があり
尊重のみでは他人に合わせた活動となります。

そこで相手を尊重するべきか?
その判断は自分に負荷がかからず
納得できればストレスも軽減されます。
自分が選択した判断がこれから
相手にとってどれだけの重要性があり
自分にとっての影響を考慮すべきです。

人間関係に亀裂を入れないため
自分がどう対応するべきなのか?
見極めて対応してみてください。

仕方ないから譲らなければならない
そうでなく相手を尊重することで
譲るべきときは譲ってみるのです。

また相手の考えも尊重しながら
自分の考えも口に出してみることも
〇〇さんの考えもいいですよね!
しかし私の考えはどうでしょうか?

イエス・バット法も活用できます。

色々経験とすることで勉強となり
今後のコミュニケーションに役立ち
人間関係の構築に活かされるのです。

自分1人だけで生きているのでなく
数々の人に支えられながら生きている
この気持ちも抱いていくべきですね!

これがギブ&テイク精神
それに繋がることですよね!

「成功する人は」
相手を尊重することを考える。
「成功しにくい人は」
常に我を通すことを考える。

最後までお付き合い
ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました