素直に非を認める!


こんにちは!Katsuです。
今回の成功者の習慣の心得
『素直に非を認める!』

どうですか?
みなさんは相手に対して
素直に非を認め謝るタイプですか?
私は素直に非を認めることが
相手との信頼関係を崩さずに
より良い関係性を築けると思います。

『成功者の言葉にこのような名言があります。』

人は過ちを認められるほど寛容で、その失敗から学べるほど賢く
原因となった欠点を直せるほど強くならなければならない。
ジョン・C・マクスウェル(アメリカの作家・講演者)
実は私は素直に非を認めない
認めたとしても謝罪することが
恥だと思っていた人だったんです。
特に自分より年下に対しては
素直に謝罪することができず
意地を張るタイプでした(笑)
罪悪感が残りモヤモヤ・・・
時間の経過が進むにつれて
謝罪するタイミングが失われ
本人に合わせる顏が無くなる。
これはマズイと思いから
なんとか謝罪をしなければ・・・
メールやLINEでの文章で謝罪
謝罪は謝罪なのですが・・・
相手に自分の気持ちが伝わるのか?
伝えたの一方通行になりがちになります。
謝罪の文章を見てくれたのか?
相手から返答がなければ・・・
さらに気まずくなるんです!
伝えたと伝わるは違います。
相手が理解し受け入れなければ
本当の謝罪とならないですよね?
成功者は誤解を招かぬよう
自分の非を認めたときに
その場で心から謝罪をするのです。
相手との関係の悪化よりも
同じ過ちを繰り返さぬよう
行動を改めていくのです!
信頼回復に努めるのです。
信頼と言えば身近な存在ほど
非を認めても謝罪することが
薄れがちになります。
自分をわかってくれている!
慣れからの驕りがあるからです。
みなさんは?
身近な存在と言えば誰ですか?
もし!自分に非があったときに
素直に謝ることができますか?
考えてみてくださいね!
「成功する人は」
自分の非を認めることができる!
「成功しない人は」
意地を張り謝罪ができない!
最後までお付き合い
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました