人の記憶に残れる自分を目指している!


今回の成功者の習慣の心得
人の記憶に残れる自分を目指している!

『成功者の言葉の名言』
我々の世代の遺産は、グロ-バルな問題に対して子供たちの世代が
どのような成果を上げ、どのように大胆な態度で問題に立ち向かう
ことができたかで定義される。
ナビ-ン・ジャイン(インドの企業家)

前回の成功者の習慣の心得では
自分の人生に悔いの残らないためにも
自分のやりたいことのリストを作ることで
ひとつずつ減らしていこう!とお話しました。

悔いの残らない人生を過ごすことは?
自分一人だけでなく家族・パートナ-
知人と楽しく過ごす時間が含まれます。

そこで?自分の印象を周りの人たちに
どれだけ記憶に残せることができるのか?
それは自分の存在価値を表すことにもなります。

その記憶を周りに残すことは?
良い印象も悪い印象も記憶に残ります。
しかし悪い印象を記憶に残すことでは
最悪の場合は恨みになってしまいます。

さすがに・・・
悪い印象を残し続けて・・・
人生を歩み続けたくないですね!

これから新しく出会い交流をもつ
その人たちに記憶を残すためは?
人との交流には法則があるのです!

「例えば」
1週間で同じ相手に3日間会うことになり
1日に会う時間を1時間として合計3時間

1週間で同じ相手に1日だけ会うことになり
1日に会う時間を3時間としてみたところ?

どちらも同じ3時間会うことになります。
どちらの方が相手に印象が残るでしょうか?
1日1時間の3日間で3時間
1日3時間の1日だけ3時間

心理学で「ザイアンスの法則」があります。
社会心理学者:ロバ-ト・ザイアンスが提唱
「人は会う回数が多ければ多いほど好感を抱く」

1日1時間の3日間で3時間の交流の方が
人の記憶に残りやすい傾向があるのです!

「宣伝効果」もそうですよね?
何度も何度も同じCMを見たり聴いたり
それが自分の記憶に残りますよね?

ただしファ-ストコンタクトこの印象次第です。
最初から不快な情報が相手の思考に入ることで
記憶に残ることは?不快感しか残りません!

どんな人でも相手に記憶を残すならば
良い印象の記憶それを望みたいですよね!

そのためにも以前にお話させていただいた
好かれる人の特徴・好かれにくい人の特徴
それらを自分に記憶させて交流することです!

ここをクリックして確認できます!

「成功する人は」
どんな人間として記憶されたいのかを意識する!
「成功しにくい人は」
目先の成功にとらわれている!

最後までお付き合い
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました