伝説を作るアニキ!(登山・付録)


みなさん、こんにちは!
今回も伝説を作るアニキの登山編
そのおまけとしての付録となります。

前回は勇者アニキが滑落してしまい
そこから救世主に救助されたお話でした。

アニキは救助されてから
水をガブガブ飲んでからの
その続きがあるのです!!!

犬も歩けば棒に当たる!
このことわざがありますが
アニキも歩けば伝説に当たる(笑)

アニキは水を飲み落ち着きを戻し
いよいよ本格的に下山となりました。
滑落により私たちの体力も奪われ…

しんどっ!!!

実は登山の後にお楽しみの
焼肉大会の開催があるのですが
予約時間より2時間押しです…

アニキさんよぉ-!
hurry up!!!
Go!Go!Go!

急いで下山したいのですが
前日の雨の影響により足場が
ドロドロで滑りやすいのです。

デンジャ-ですなぁ-!

そう思った瞬間
アニキはすでに転んでいた…
ズボンがドロドロでやんけ!

私の車に乗るんだよなぁ…

アニキの足が笑ってらぁ…
歩くたびに滑って転んでいます…
私も笑ってらぁ…車が汚れるから…

見るに見かねて知人がアニキに
ストックを渡し歩くように指示
これで踏ん張ることもできますね!

次はロープを使う場所ですよ!
右手でロープをもってくださいね!
と、知人が丁寧にサポ-トを開始

そのとき!
私の目の前に!!!

とんでもない光景が!

右手でロープと言ってるのに
左手を伸ばしてロープを掴もうと?
あのぉ…右と左の意味をわかるかい?

はい!もちろん!

転びました(笑)
アニキさんったら!
もう!お茶目なんだから!

昔から思っていたことなのですが
アニキは右と左を間違えるのです!
車の運転時も右を曲がる指示を…

左に曲がってるやんけ!

あのぉ…日本語でなく…
『rightとleft』と言うべき?
まさか!?日本人でないのか!?

そうこうしながら歩いていると
勇者アニキの前に敵が現れた!
ヘビがこちらに向かってきた!

ストックで追い払ってくれ!

勇者アニキの攻撃
アニキは強攻撃を発動
ストックブンブン攻撃(笑)

よし!いいぞ!いけ!いけ!
しかし…ヘビに当たらない!
スカッ!ストックが吹っ飛んだ!

ストックは谷底に落ちそうな場所へ
勇者アニキの仲間は顔を見合わせた
そしてとても切ない顏となった(笑)

そこから何とかヘビを追い払い
ストックも知人が回収に成功
アニキは立ち止まっていただけ(笑)

そして勇者アニキのパーティ-は
下山に成功し車に辿り着きました。

さてさて?
アニキのどろんこハリ-のズボン
どうするのだろう???

登山のプロの知人から替えのズボンを
もってくるよう指示がありましたから
替えのズボンもってきてるはずです。

アニキは替えのズボンあるよね?
いゃ…上しかもってきてない…
私はとても切ない顏となった(笑)

ちょ!待てよ!
どろんこハリ-状態のおズボン様で
このまま私の乗るつもりなのか!?

わんぱくですね(笑)

大丈夫!上着をズボンに巻いて
助手席に座るから安心してね!
ほら!これで汚れないでしょ?

何も言えねぇ…

助手席に勇者アニキを乗せて
焼肉大会の場所へ向かいます。
もう3時間くらい遅れています。

さて焼肉会場に着くまで
会話を楽しみましょうか!
登山どうだった?アニキ!

シ-ン…

あぁ!無視してんのか!
なんて思いアニキを見た瞬間
とんでもない光景が!!!

寝てるやんけ!!!
どういうことですか?
私運転してますけど?

なんて日だぁ!!!

ようやく焼肉の場所へ到着
やっと焼肉食べれるぞ!
アニキも腹減ったでしょ?

いゃ…気持ち悪い…

オメ-が焼肉したい!
そう言ったんだよね!!!
ここまでセッティングして!

ガッテム!!!

遅れることを何度も連絡を入れて
それでも焼肉の準備して頂けてる
このお店の人に謝れ!オメ-!!!

そしてアニキはそのまま焼肉会場で
お眠りタイムとなりました!
私は美味しく焼肉をいただきました!

めでたし!めでたし!

勇者アニキの登山編を最後まで
お付き合いしていただき感謝です!
まだまだアニキの伝説はあるんです!

次もアニキの伝説をお楽しみ(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました