人の力を借りている

かつ
かつ

こんにちは!
先日から成功者の習慣の投稿をスタ-トしました。
2回目は成功者は人の力を借りているをお話します。

皆様よろしくお願いします。

成功者は自分の成功へ導くためには
人の力を借りることも必要だと伝えてます。

私も自分の目指してることを成功するために
人の力を借りることが必要だと思ってます。

そんな私も以前は人の力を借りることに
大きな抵抗を持ってる人だったんですね!

皆様はどうですか?
人に力を借りるとしたら?

人に聞くことが恥ずかしい
こんなことも知らないの?
なんて思われたくない気持ちから
知ったかぶりをしてしまう・・・

そんな経験はありますか?

私の場合は自分の立場を考え
部下に聞くことが1番の恥で
同僚に聞くことさえも嫌でした。

とにかく傲慢で相手より
上でなければ嫌だったんですね!

そんな状態のままでいると
自分を成長させることができず
知識も情報も古臭いままなのです。

古臭いままの状態でいることで
人から聞かれても答えなれない
わからないと答えるのも恥ですから
後で答えると言って調べるのです(笑)

『成功者の言葉でこのような名言があります』

自分を笑い飛ばせず
大きく見せようとしてばかりの人生は滑稽に見える。
ヴァ-ツラフ・ハヴェル(チェコの創作家)
成功する人は恥など考えずに素直に聞くんです。
成功しない人は傲慢で自分の無知を認めないのです。
そんな私も他社の営業マンとの打ち合わせで
自分が無知なことに気がついたんですね!
このままの自分ではダメだと感じたのです。え!?
こんなに私は知識も情報も薄い!?
この人は私より若いよね!?
でも聞くことで恥をかいてしまう・・・
そこで自分の人間性を鍛え直すために
新しい人達との交流を求めて修行として
多くのセミナ-に参加してきました。
全く知らない人達との交流に不慣れな私
あぁ・・・会場の入口に到着してしまった。
セミナ-会場の入口での葛藤がありました。
年齢も私より若い人達が参加されて
気疲れしたくないし恥もかきたくない
だからこのまま帰ろうかな?
しかし自分を変えるための修行です。
あぁ・・・とか言ってる場合でない!
何のために自己投資をしているのか?
会社では通用するプライドも
今は全く通用するところでありません。
それは訓練でもあり学びでもありした。謙虚な姿勢を保ち積極的に素直に聞く
今までにない自分を演出することで
どんどん抵抗がなくなり恥と思わず
貪欲に人に力を借り学びを得ました。
また人の力を借りることで
自分も人に惜しみなく力を貸せるのです。
それが今の自分の仕事に繋がりました。
わからないことがあったときには
潔く頭を下げて教えてもらうことで
相手にも好意をもたれ親切に丁寧に
色々と教えていただけるんです!
成功する人達の習慣は間違い無知を自分で認め
完璧を求めるのでなく物事が上手く動く手段
それを考え周りの力を借りることになるのです。
人に力を借りることができるならば
自分が不得意なことがあった場合でも
人の力を借りることで対処できます。
聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥
成功者は人の力を借りている
自分で体験も含めてお話させて頂きました。
最後までお付き合い
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました