伝説を作るアニキ!(野球観戦 前編)


こんにちは!
今回の伝説を作るアニキのお話は
「野球観戦編」の前編となります。

今回もアニキのファンタジーを
たっぷりとお楽しみください!
それでは宜しくお願いします。

アニキとプロ野球の観戦なんて
一生ないと思っていたのですが
残念な観戦経験となりました(笑)

事の発端は会社の上司から私が
野球のチケットを3枚いただき
それを見ていた男がいたんですよ!

なぁ-に!
やっちまったなぁ-!
古いですね(笑)

私は上司にお礼を告げて
上司の机から離れると
目線を感じる方を見ました。

うぁ!やっぱり!
アニキが見ているよ!
いつも寝ているのに(笑)

目が合った瞬間アニキは
白々しく後ろに振り返ってから
私に目線を合わせてきたのです!

自分の顏に指をさして
もしかして俺を見ているの?
なんて顏をしているのです。

うぁ…白々しい…
後ろは壁なんですけど…
後ろに誰か見えるのか?

そこから目が合ったから
話かけてみることにしました。
これは完全にもらい事故だ!

おい!
わざとらしいぞ!
こっち見ていたよね?

おおん?おおん…
でた-!!!
意味不明な言葉(笑)

プロ野球の観戦チケット
3枚もらったんだけど
プロ野球に全く興味ないよね!

もう決めつけました!
野球の話などしたことない
ない!と言うに決まっている!

あるよ!

あんのかぁーい!
20年以上の付き合いでも
プロ野球の話したことなし!

え?アニキとプロ野球の話なんて
全くしたことがないので興味なし!
そう思ってたんだけども行くの?

おおん?
なかったでした?
イチロ-の話とかしなかった?

イチロ-って…
ないんですけど…
野球観戦行きたいの?

行きたいです!

マジか!!!
私はアニキの介護は嫌なので
他の人も見つけなければ!!!

観戦当日の朝を迎えて私は
アニキの城へ向かいました。
さて!どうなることでしょうか?

ここから話が長くなりますから
今回はここまでとさせていただきます。

最後までお付き合い
誠にありがとうございました!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました